So-net無料ブログ作成
検索選択

アストンマーチンが発表した100周年記念コンセプトカー「CC100」がカッコ良すぎる!!?? [車]



アストンマーチンは、100周年記念コンセプトカーである「CC100」というモデルを発表しました[exclamation×2][exclamation×2]



アストンマーチンはニュルブルリンク24時間レースで、
CC100」を発表しました。一体どんな車なのでしょう?

1959年にル・マンとニュルブルリンクを制したレースカー”DBR1
と共通のデザインや多数の部分を持ちつつ、
最新の技術を惜しみなく融合させたコンセプトモデルです。

20130520-cc100_01.jpg


ニュルブルリンクではそのDBR1とCC100のデモランも行われ、
その2台の走る姿は、正に温故知新。
約半世紀の時を超え、今なおレースにおいても
一般車においても世界のトップグループに君臨し続ける、
アストンマーチンの強さとその卓越したデザイン性を改めて発信した形ですね[車(セダン)]

20130520-cc100_05.jpg


20130520-cc100_02.jpg



アストンマーチン”は言わずと知れたイギリス自動車メーカーです。
設立は正に100年前の1913年
設立以来、品質を追い求め、
採算度外視で車作りをしてきたメーカーで、
第二次世界大戦後には経営不振に陥り、
経営者がコロコロ変わってきた経緯があります。

その後フォード傘下に入り、徐々に経営は安定。
レースでも活躍するようになります。
映画007」に登場するボンドカーはアストンマーチン[ぴかぴか(新しい)]
有名ですよね[わーい(嬉しい顔)]

アストンマーチンはそのデザインがやっぱり特徴であり、
カッコよさに繋がってますよねw
どれも、「アストンマーチンだ」って一目で分かるような
デザインになってますもんねw

中でも、特に”DBS”が自分は好きですね。
映画「007カジノロワイヤル」でボンドカーとして発表。
あまりの出来栄えの良さに一般発売を開始したという車です。
軽量マグネシウム合金、カーボン、マグネシウムのシャーシ。
ほぼカーボンで出来ているそうです[がく~(落胆した顔)]
エンジンは6LV12エンジン[exclamation×2]
500馬力以上、0-100m=4.3秒[exclamation×2][exclamation×2]
スゴイ車です・・・。
2012年に生産終了となってしまいましたが。

260px-Aston_Martin_DBS_2007.jpg



でも、今回のCC100も、正にアストンマーチンって感じで、
現代のルパンが乗ってそうな、何とも言えない雰囲気がたまりません・・・[グッド(上向き矢印)]

ちなみに今月、「アストンマーチン100周年記念特別展示
が行われるようです。
5月25、26日に横浜の山下公園で
アストンマーチン・オーナーズクラブジャパンの協力で
新旧アストンマーチンが勢ぞろいするようです[わーい(嬉しい顔)]
入場無料ですって!
自分の好きなDBSは残念ながら展示は無いようですが・・・
行ってみたいもんですね~www


そう言えば・・・、
F1の話題ですが、ホンダの電撃復帰に沸いている今日この頃。
マクラーレン以外にも早くもエンジン供給先のチームが上がって
きているみたいですよ[exclamation]

それはロータスとウィリアムズです。
やっぱり2014年からのターボエンジンの値段の高騰化
どのチームもネックみたいですね。

ウィリアムズはホンダの2期に組んでいましたね。
ウィリアムズ・ホンダはコンストラクターズタイトルも獲得していたコンビです。
これは大いに可能性アリですね。

20130520-williams-honda.jpg


ホンダのニュースには心踊らされます[るんるん]

そう言えばもうすぐモナコですね[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
楽しみな週末を迎えれそうです。
今年の”モナコマイスター”の称号は誰の手に[exclamation&question][いい気分(温泉)]














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。