So-net無料ブログ作成
検索選択

【画像】【速報】福島第一原発元所長吉田昌郎さん死去。その死因は?被爆との因果関係はいかに!? [ニュース]



東日本大震災に伴って、東京電力福島第一原子力発電所事故の際に現場指揮を執っていた
吉田昌郎さんが死去されたとのニュースが入って来ました[exclamation×2][exclamation×2]





死因は食道癌とのこと。
58歳という若さでした・・・。

吉田さんは大阪府出身、
東京工業大大学院で原子核工学を専攻。
東電に入社後も、常に原子力に関わってきた。
2010年6月から福島第一原発の所長に。

2011年の11月に食道癌がみつかり、公表。
12月には所長を辞して治療を行い、体調が回復に向かっていると
復帰の意向を周囲には語っていたそうですが
2012年の7月に脳出血で倒れます。

その後、自宅療養を続けていたそうですが、
今回、元々の既往の食道癌にて死去されたそうです・・・。

東電の本部は、

担当医師からは事故後からの放射線被爆量は
70ミリシーベルトで、死去と被爆との因果関係はない

としています。
・・・本当にそうなんでしょうかね・・・。

吉田さんと言えば、
2011年3月12日。事故直後の夜。

本店の幹部が1号機への海水注入を中断するように
指示しましたが、独断で続行
結果として、燃料溶融のさらなる進行を防いだと
その行動が評価されていましたね。

本店の幹部達がのうのうとしている間、
現場で最前線で戦っていたのは彼らです。
これは自分らには想像もつかないことです・・・。


死因は食道癌ということですが、
脳出血も、ストレスが原因だったのではないでしょうか?
現場の責任者として相当な覚悟、
また使命感を持っていたようですから、
そのプレッシャーは相当なものだったでしょう。

癌の悪化もストレス要因から来ることもありますからね。
過労もあったでしょうからね。
ご冥福をお祈りいたします。

cb6c687e-s.jpg



大震災のことを思い出します。
数え切れない人達が犠牲になりました。

数年後にはチェルノブイリのように
さらに放射能による死者が出てくるのでしょうか?
日本はこれからも大震災の爪痕と向き合い
戦っていけねばならないのですね。

絶対に風化させてはいけないものですね。
自分の出来ることを改めて考えさせられる1日だったように思います[いい気分(温泉)]













100クリックで100万円!!メルマガアフィリエイト塾「七星塾」





稼ぎたいなら必見です!!キャンドルマイスターFX















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。